Index | New? | Who? | Trap | Philos. | Gallery | Ideas | Diary | Books | Bio | MAO | Tour | Works | Hard | FWorld | Soft | KillingTime | Events | Links | Music

Music & Sounds

since Jan.13,1998Counter

About the music on the data

Generally, I make my music by using the synthesizers, sampling machines and many electronic musical instruments / computers like the sequencer. These equipments work as a tape recorder for my purpose. This style is called DTM (Desk Top Music).

Some people may compare DTM to real playing but I don't see anything different in these two. When you feel the quality of the music made by MIDI data or the sampling devices sound worse than the music played by the real instruments, it only means that the quality of the data was not good enough. Of course this has nothing to do with the quality of the composition. MIDI has some limitation in the ability of the expression now, still good data could be worth listening to. We can even edit the real audio data by the sampling machine or hard disc recorder these days. So this is just only the matter of difference in the methods especially in the scene of the recorded music. They're just only a tool for playing music.

However, I admit there is one big difference. DTM is made perfectly by the individuals and there is no conversation or simultaneous interaction with the other players like in a band or jam session. So, now I am planning the simultaneous composing system for plural composers by using the mutual communication link of MIDI and the audio.

私、Ma*Toは、その音楽の殆ど全てをSynthesizerおよび、SamplerとSequencerをテープレコーダーとして使用する、いわゆるデスクトップミュージックにより制作しています。

巷ではよくSequencerとSynthesizer (Samplerを含む) による演奏に対して生音との比較がなされますが、私にとって両者の区別はありません。どちらも私にとっては音楽を創るための手段、道具に過ぎないのです。

もしあるMIDIデータによる音楽が、そのクオリティにおいて、生楽器の生演奏による音楽に比して劣るという向きがあったとすればそれは、その楽曲としての良し悪しを別にすれば、単にそのデータのクオリティが低いということに過ぎないのです。もちろん、現在のMIDIの規格ではまだ制約も多く表現力に劣るを感じることは事実ですが、入念にプログラムされたデータは演奏された楽音としての価値を十分に持ち得ると思います。いずれオーディオデータもMIDI規格に盛り込まれることでしょうが、既にSamplerやHard-Disc-Recorderにより生音の自由なエディットも可能な現在、録音音楽における両者は、単に方法論の違いでしかありません。極端な話、波形レベルでは、デジタル化された生音とペンで直接描かれた波形は形が同じならば全く同じに聞こえるわけですから。

ただひとつ大きな違いは、独り多重録音のDTMは完全に制作者個人の世界であり、バンドやセッションのような複数のプレーヤーによるリアルタイムな相互作用、対話が存在し得ないという点にあります。これに関しては、完全なリアルタイムとは言えないまでも、MIDIと音声を通信により相互にリンクさせることにより、複数のDTM音楽家がほぼ同時にインタラクティヴにひとつの音楽を製作するというシステムを現在計画しています。

 

Here, You can listen to Ma*To's Original Music

(なんだよ〜、このページが一番整備されてねーな…。ホントに音楽家なのか?俺。)

  • 更新履歴Lotus Eleven mp3File/14.73Mb/10Min14Sec. 更新履歴
    新作。8分の11拍子でツラツラと。 (2004/06/08 upload)

  • A Go-Go mp3 File/5.54Mb/3Min36Sec.
    某アイドル歌手のデビュー・シングル用として創った曲。
    ところがその制作会社がトンデモないヤクザ会社で、結局レコーディング半ばにして中止、没に!
    10年も昔の作品だが、曲自身の鮮度としては古くないんじゃない?メロもキャッチーで売れ線だと思うんだが。コレで誰か一山当てさせて!

  • Psychic Gold (intro.) Real Audio3.0/ISDN Mono/40Sec.
    自分としてはとても気に入ったシンセ・ベースの音色(KORG 01/W)が出来上がり、調子コイテ一気に録音。
    ところが音色をセーブする前に電源が落ちてしまい、この音色は帰らぬモノに…(笑)
    だからこのバージョンのベース音は作り直したもので、いまひとつなんだナー。

  • Psychic Gold (Original Version) mp3 File/6.39Mb/4Min37Sec.
    この度、DATテープの山の中から新たに発掘された。
    上の曲の、オリジナル音色で録音され残った唯一のテイクがこれ。ううう…
    テンポがちょっと遅め。

  • Chat Show (Original Version) mp3 File/6.24Mb/4Min19Sec.
    93年に発表の楽曲(下)のオリジナル・自宅録音バージョン・テイク1。
    スタブ(ブラスのヒット音)の切れもこちらのほうが断然良いのは、やっぱりファーストテイク・マジックってやつ?

  • Chat Show Real Audio3.0/28.8k Stereo/4Min.23Sec.
    Lyrics written by Ogawa Mishio ゥ1993 Sony Entertainment Inc.
    ごめん。これ、べつにダブ・ミックス処理したわけじゃないんだ。
    単なるリアルファイルのエンコードミス。
    やり直すの面倒くさくってさ(笑)。
  • This has no name yet Real Audio3.0/ISDN Mono/
  • Mother Neh-chan's Son
  • Climb the Mt.Andez
  • Aunt Remus


and, perfect karaoke of some fine music for fun

ヤマハMU50で制作したデータです。再生にあたっては 外部音源としてMU50が使用できれば完璧ですが
もしくは「YAMAHAミッドラジオプレーヤー」の使用をオススメいたします。

(XG規格で作成されたため、通常のGM規格の音源では正常に再生されない部分があります。)


注(ネズミじゃないチュー):えー、「著作権保護」とやらの問題で、
以下のMIDIデータへのリンクを全て【一時的に】外してあります。
個人的には、そんなこたぁ全くクソ喰らえなわけですが
実はタップリ喰らっちゃってるわけですね。
(Jun.01,2001)
  • ... Village Of The Sun ~ Echidna's Arf (Of You) (By Frank Zappa ゥ1974 Munchkin Music)
     今は亡き、雑把先生の曲だ。1973年のロキシーでのライブを録音したアルバム「Roxy & Elsewhere」より、この曲をお送りする! 私が自分で唄って楽しむために作った、趣味のカラオケであーる。メドレーなもんで8分ちかくあるぞ。完全コピー大会だから、ナポレオン・マーフィー・ブロックのヴォーカルのガイドメロは無いぞ。おまけにツイントラムだから、GMのプラグインで再生すると、片方はピアノで演奏されちまうな。必ず「ミッドラジオプレーヤー」などXG規格の音源で聴いてくれ。
    実はこのあとに「アレを洗ったことないのかい?」って曲がまだもう10分ほど続くんだが、お終いまでコピー出来てないんだ。ま、そのうちにな。
    こういったコピー曲の場合、著作権の問題があるから一応ゲイル・ザッパ未亡人にE-mailで使用許諾のお伺いをたてたんだが、いまだ返事がないな。(くれるわきゃないか…)
    My favorite vocal tune of (pref.)F.Z. from "ROXY & ELSEWHERE" (1973). I copied this song in order to sing the vocal part for fun. (It was not avilable at any Karaoke studios! LOL) This song is played by 2 Drum sets. So, if you have only GM plug-in for playing MIDI, it won't playback correctly. You can get the best results only when you have XG plug-in like MIDPLUG! Otherwise, 2nd drum set will be played as Piano timber...
    I sent E-mail to Ms. Gayle to get a permission for putting this copied tune on my site, but still there is no reply
  • Memoria E Fado (By Egbert Gismonti ゥ1973 EMI-ODEON Brazil)
     これも私が自分で唄うための、趣味のカラオケだ。ストリングス・アレンジが渋い。クラウス・オガーマンかヴィラ・ロボスかって感じだな。なに?データがアップしてないってか?今、やってるとこじゃい。俺も忙しいんだからな。

  • 松田聖子Gone With The Rain (小椋涼 1979????)
     松田聖子って、ブリッ子アイドルだとばかにしてたけど、年とっていい味でてきたな。最近流行の、にわとりの首をしめたような声の歌手なんかよりは全然うまいぞ。さすがに小椋先生です。いい曲です。

  • 今井美樹私はあなたの空になりたい (布袋寅泰 1979????)
     布袋君も大きな顔に似合わず、優しい曲を書くねえ。あれれ、MIDPLUGだけで聞くと、イントロ4小節めのギターのハーモニクスがとぎれちゃうな??
    楽器の演奏ってのは、その楽器に即した演奏をするわけだから、MIDIによるデスクトップミュージックの場合でも、使用してる音色を差し替えちまうと、意図したニュアンスは再現されない。
    なにしろ、基本的には音色とベロシティと音符の長さ、それにいくつかのエクスクルシブ・コントロールという数少ないパラメータで大きな表現力を得なければならないんだからな。さらにコピーの場合、音色を近づけるために、油絵みたいに色を重ねていく様に別音色を足すという方法をとるもんだから、いくら、GMやXG規格であろうと、データの再現性は低いな。できればMU50をつなげて鳴らしてくれい。

  • 西条秀樹Moment (YOSHIKI 1979????)
     西条秀樹といえば、YMCAかヤングマンだと思っていたが、YOSHIKIとの組み合わせは意外だったな。でも私、唄のうまい人、好きです。

  • 五木ひろし罪と罰 (浜圭介 徳間ジャパン)
     しかし、なんだな。ビリー・ホリデイとサッチモと美空ひばりのヴィブラートは実は同じなんだな。かんけいないけど。

  • この他にもデータは一杯ある(何百とね)ぜ。ご希望とあらば、もっとアップするよ。
YAMAHAミッドラジオプレーヤーのダウンロードはこちら For YAMAHA Midradio Player Download.


Also, You can listen to the sound on these pages


Back to index