Index | New? | Who? | Trap | Philos. | Gallery | Ideas | Diary | Books | Bio | MAO | Tour | Works | Hard | FWorld | Soft | KillingTime | Events | Links | Music

Who is Ma*To?

Ma*To --- Dub-Artist, Scientist(self-recognition) who plays Tabla&Computer, seeking the unity of music and technology with the motto called "Hi-Tech & Lo-Tech".

Ma*To --- "Hi-Tech & Lo-Tech" をモットーに、タブラ&コンピューターをプレイし、テクノロジーと音楽の接点を求めて活動するダブ・アーティスト、自称科学者。
「愛」をテーマに世界平和を目指す総合研究所「Love Tech Lab.=L.T.L.研究所」を主催する。
マット・サイエンティスト。か?


インターネットにおける匿名性には断固反対!
戸籍上の本名は藤井将登(ふじいまさとう)ですが、20余年のこのかた公私ともにMa*Toで通しておりますんでアシカラズ。

Here is Ma*To's Latest Picture作者近影 (画像作成:)

More Pic. of mine. もっと写真

 

Ma*To いわく

Hi, I'm Ma*To. In the computer's words, the character " * " is called "WILD CARD". It means you can put any letters you like instead of " * ". So you can call me "Matto", "Masato" or anything you like. Anyway this is my name. I'm Ma*To.

ハーイ、マット・サイエンティストのMa*Toです。コンピュータ用語で「*」はどんな文字をいくつでも入れていいよ、というふうに使われます。だから、"Ma*To"は、「マト」とか「マット」とか「まさとう」とかって読めるわけ。とにかく、私の名前は、Ma*Toです。

名前、変えるべきか?  だって名前に「*」があると、ネットで検索できないんだよトホホ。。。

I am a musician and also am a sound engineer. I play Electronic device like Synthesizer, Computer, Thermin, Atopic DJ's Scratch and also play tabla, the Indian drums.

I am a person of ideas. I am very interested in everything that is creative, not only music and art, but also thinking some funny ideas, creating software programs, making a dog house, e.t.c.

My hobby is to study of 'the Research of Cosmology and Quantum Electro Dynamics', Thus, I recognize myself as one of the amateur Physicist.
So, as a matter of fact, this site is dedicated to the enlightenment of the Physical science.

私は音楽家であり、エンジニアでもあります。シンセとかコンピュータとかタブラ(インドの太鼓)とか「アトピー性DJスクラッチ」とかを演奏します。

私はとにかくいろんなこと考えるのが好きです。音楽アートに限らず、いろいろなアイディア物を造ること、つまりクリエイティブなこと全てに興味があります。その他にも差別問題や教育、政治、宗教などに対する考えは旅のページのそこここにちりばめてあります。

んで、実はこのサイトは科学の啓蒙のために捧げられています。というのも、私の趣味は 「『宇宙論や量子電磁力学の研究』の研究」 であり、自ら科学者のはしくれだと思っとるわけです。 そんなわけで表紙ページのリンクテキストは「知性を照らす灯り」の意味で、ランプスタンドの形をしているんですね。(へー、そうなんだ。今知ったよ、俺も)

Since I started my career as an engineer, I was going to combine the technology and music, because these two are my favorite terms. I was not satisfied to operate the mixing board, so I started to play the mixing board and other instruments after the World-Tour. I think that my musical style can be called Dub-Mix-Music.

I love to play most of musical instruments but just only within two or three bars. The progress of the technology made me to create the music by using of the sequence soft (i.e. "Tool d Music" by Kuwatec inc., my favorite) . These days, the appearance of the hard-disc recorder made me to edit even the acoustic musical instruments easily, Wow!

野毛ハーレムバンド、チャクラ等のバンドのダブ・ミキサーとして仕事を始めた当初より、私は「ハイテク&ローテク」を切り口に、テクノロジーと音楽の接点を求めて活動して来ました。<活動の履歴を見る> その結果、ただ単に音楽をミキシングするだけでは秋足らず、世界旅行の後、Killing Time などの活動を通じて自ら音を出すようになったわけ。そんな私の音楽のスタイルは、強いて言えばダブ・ミックス・ミュージックとでも申しましょうか。
以後、「はにわちゃん」や「U.P.L.M」
のライブ・エンジニアリングを手がける他、Epic Sonyのアーティスト 小川美潮等に曲を提供したり、GONTITIのアレンジなどをして参りました。<仕事の履歴を見る>

いろんな楽器を弾くことは好きだけど、全ての楽器の演奏に精通しているわけでは決してありません。せいぜい2〜3小節ぐらいなら音出せるかな程度。そんな私がこうして音楽を創ってお仕事ができるのも、コンピュータとシンセ、それに「トゥール・ド・ミュージック」(クワテックという会社の製品です)なる素晴らしいシーケンス・ソフトのおかげです。ちょっとずつ弾いて録って、気にいらなきゃ弾き直しゃいいわけね。いまじゃ生音さえもエディットできる時代なんだから。

ということで、テクノロジー万歳!

 

Hi-Tech. & Lo-Tech. (ハイテク・ローテクの教義)

"Hi-tech. & Lo-tech." is my motto. The word "tech." means both "technology" and/or "technique". This is my opinion which is to realize some high-technological purpose by the low-technological Ideas or to make efforts to realize a certain purpose by the combination of low-technology and high-technique.
Definitely, it does not mean to compensate for lack of technique by the technology. LOL

『テク』は「テクノロジー」あるいは「テクニック」のどちらかを意味します。基本概念はローテックな発想でハイテクノロジーを実現すること、また、与えられたローテクノロジーという制約のもとでハイテクニックにより目的の実現に努めることであり、決してハイテクノロジーによりローテクニックを補うということではありません。ナニを云ってんだか。はっはっは。

ちょっと変なページだけど、楽しんでいっておくれな。

I'm sorry that some pages are under construction but I hope you'll enjoy it!

Back to index